スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

セミナー「中小企業診断士が知っておくべき中小企業向けM&Aの実務」

中央支会研修部主催の「中小企業診断士が知っておくべき中小企業向けM&Aの実務」のセミナー(1/22)

中小企業の事業承継のひとつの選択肢としてのM&Aの実態と、M&Aの実務やM&Aを成功に導く診断士の役割について明らかにする中小企業診断士向けのセミナーを聴講してきましたので、ポイントを纏めておきます。
講師は株式会社日本M&Aセンターの奥野企業情報部長で多彩な経験をもとに、実例をおりまぜながらの説明で、M&Aの実態と心がけのポイントを把握できました。

【中小企業のM&Aの実態】
<売り手の事情>
・世代交代期に入って経営者の退職時期に成っている(2012年問題)
・後継者不在の企業が5割(何故増加しているのか?①少子化②子どもが継がない③ 子どもが継げない)
・清算もできない
  ↓
 M&Aが事業継承問題の解決策
(①後継者問題の解決②創業者利得③連帯保証の解除④社員の継続雇用⑤会社存続)

<買い手の事情>
・時間を買う(早い)
・技術・販売力の一括取得(安い)
・市場シェア拡大/売上&利益増大(安全)
  ↓
 売り手1社に買い手10社の状況

M&Aを中小企業の承継問題の解決策として、中小企業の継続・再生に役立ていけるということと、その中での中小企業診断士の役割を再認識することができたセミナーでした。

スポンサーサイト
[ 2010/01/25 20:56 ] イベント | TB(0) | CM(0)
プロフィール

経営承継研究会

Author:経営承継研究会
事業承継の中でも、特に経営承継について、事例研究などを行っています。

日本ブログ村
全記事(数)表示
全タイトルを表示
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

12月 | 2010年01月 | 02月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


最新コメント
最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。