スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

事業承継関連のブログ引用

事業承継関連のブログ記事のリスト貼りつけました。
----

●事業承継を考える その29 ~事業承継計画とは~
http://blog.goo.ne.jp/chuokai-kanagawa/e/458182a2c36c86029bcbd9a364fea359


●「知恵の経営報告書」作成企業の声
http://koutannikki.seesaa.net/article/144640912.html


●事業承継 ~アステル行政書士事務所@丹所美紀オフィシャルブログ
http://ameblo.jp/gyouseisyoshi/entry-10490180837.html


●商品開発力の承継~同族企業経営者のセカンド・オピニオン
http://ameblo.jp/odairakaikei/theme-10020973497.html
スポンサーサイト
[ 2010/03/30 20:39 ] 引用 | TB(0) | CM(0)

中小企業の事業承継に関するアンケート結果(日本政策金融公庫)


2009年12月16日
中小企業の事業承継に関するアンケート結果
  日本政策金融公庫

http://www.jfc.go.jp/common/pdf/sme_findings091216.pdf
[ 2009/12/31 20:36 ] 引用 | TB(0) | CM(0)

事業承継アンケート   企業規模により大きな差

引用記事
http://tomizuka.blog.so-net.ne.jp/2009-12-25-2

日本政策金融公庫は取引先企業9,397社からの事業承継に関するアンケート結果をまとめてこの度公表した。
  すでに後継者が決まっている企業は、小企業(従業員数19人以下)では34.7%、中企業(従業員数20名以上)では45.2%となった。一方で廃業予定企業は中企業が1.2%なのに対して小企業では20.5%にのぼる。小企業の廃業理由としては、「当初から自分の代かぎり」と考えていた割合が最も多いが、その他にも従業員が少なく借入金も総じて少ないことも廃業を決意する理由と言えそうだ。
  事業承継に関する課題としては、後継者の育成や取引先との関係維持など“経営の継承”に関するものが多く、“資産・負債の承継”、“後継者の育成”と続いている。また、中企業では「役員や従業員からの支持・理解を得ること」が43.9%と事業承継課題の2位となっているのが特徴的。従業員規模が大きくなるに従って、リーダーシップの発揮等が求められるようだ。
  後継者未定企業の企業売却に対する意向は、「現在、具体的に検討している」「事業を継続させるためなら売却しても良い」が小企業で48.6%、中企業で51.8%約半数の企業が前向きな姿勢を示しており、中小企業のM&A も経営の選択枝として十分に認知されてきたと言える。
[ 2009/12/31 20:31 ] 引用 | TB(0) | CM(0)

『事業承継に悩まないための自社株対策の極意~ケーススタディーで理解する~』

記事引用
-------------------------------

事業承継の目的は「会社の永続」にあります。そして、事業承継のあり方は会社が置かれている状況や現社長の考え方により様々です。
したがって、ひと口に自社株対策といっても、その方向性や会社の課題によってその方法も変わってくるわけです。

本セミナーでは、事業承継における幾つかの課題の中から代表的な3つの事例を採りあげ、それぞれのケースで自社株対策を中心に検討すべき手法やポイント、留意点をお話しします。現社長が事業承継を円滑に進めていくための気付きを与える内容を予定しています。


【セミナータイトル】
「事業承継に悩まないための自社株対策の極意~ケーススタディーで理解する~」

【セミナー内容】
・事業承継における選択肢とは
・ケース1:株が分散して経営権確保に困っているA社の課題を解決する!
・分散株を集約する手法にはどんな手法が考えられるか
・分散株を集約する際の留意点とポイント
・ケース2:株価が高くて困っているB社の課題を解決する!
・B社の高株価の要因を探る
・株価切り下げの手法と留意点・ポイントを探る
・ケース3:後継者がいなくて困っているC社の課題を解決する!
・M&A・MBOにかかる自社株に関するポイント
※電卓をお持ち下さい


【開催日】
2月5日(金)13:30-15:00
 http://www.attax.co.jp/seminar/detail/00594.html?rid=2

【講 師】
アタックス税理士法人 代表社員COO 税理士 磯竹克人

【受講料】
無料

【対象者】
社長・経営幹部 ※同業者の方はご遠慮ください。

【会 場】
アタックスセミナールーム(電話 03-3518-6363)
 〒101-0047 東京都千代田区内神田1-13-7 四国ビル5階 
[ 2009/12/31 20:29 ] 引用 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

経営承継研究会

Author:経営承継研究会
事業承継の中でも、特に経営承継について、事例研究などを行っています。

日本ブログ村
全記事(数)表示
全タイトルを表示
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


最新コメント
最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。